コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野藤右衛門(16代) さの とうえもん

1件 の用語解説(佐野藤右衛門(16代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野藤右衛門(16代) さの-とうえもん

1928- 昭和後期-平成時代の造園家。
昭和3年4月1日生まれ。15代藤右衛門の長男。祖父以来3代にわたって桜の保存,育成につとめる。一方,京都御所などの庭園の修造・管理にあたる。昭和34年イサム=ノグチと共同で手がけたパリのユネスコ本部の石庭を手はじめに,世界各地で日本庭園をつくる。京都出身。京都農林学校(現京都府立大)卒。著作に「さくら大観」「京の桜」「櫻よ―「花見の作法」から「木のこころ」まで」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐野藤右衛門(16代)の関連キーワード治安維持法稲垣浩松竹(株)戦争文学張作霖サスーンサン・モリッツゼーガースマクリーシュインブリ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone