コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体制戦略 たいせいせんりゃく

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

体制戦略

市場における競争の仕方に関する市場戦略事業戦略を支えるための体制、すなわち経営体制全般に関する戦略を意味する。一般には「組織戦略」がほぼ同レベルの位置づけとなるが、組織戦略という表現では市場戦略や事業戦略との関連が連想されないことが多いことから、一部のコンサルティング・グループを中心に「体制戦略」という表現が用いられるようになった。 体制戦略では、組織の機構や人員配置、拠点や設備、業務プロセスの骨格、そしてそれらを管理し運営するためのしくみや制度についての基本的な決定を行う。なお、体制戦略は、財務との関係を捉えると固定費の生産性固定資産の回転率、固定比率などと関連が深いとされている。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

体制戦略の関連キーワード経営戦略

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体制戦略の関連情報