体験型学習プログラム(読み)たいけんがたがくしゅうぷろぐらむ

知恵蔵の解説

体験型学習プログラム

小・中学校は2002年度から実施され、高校は03年度から導入された新学習指導要領では、総合的な学習の時間が重要視されている。これに対応して01年秋から、旅行会社は新しい修学旅行や校外学習などのモデルプランの提案、販売に積極的に乗り出した。「環境」「福祉」「国際理解」「産業」といった社会的な学習テーマを、学校外の場での視察や調査、奉仕活動などを通じて学ぶことを目的としている。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android