コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何しゃく かしゃくHe Zhuo

1件 の用語解説(何しゃくの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

何しゃく
かしゃく
He Zhuo

[生]順治18(1661)
[没]康煕61(1722)
中国,清の学者,文学者。江蘇省長州県の人。字,き瞻 (きせん) ,茶山。義門先生と呼ばれた。康煕 41 (1702) 年,李光地の推薦で任官し,翰林庶吉士などをつとめた。のち中傷されて下獄し,やがて釈放されたが,官吏の身分を失い,書局で経書,史書の校定に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

何しゃくの関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone