コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何しゃく かしゃくHe Zhuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

何しゃく
かしゃく
He Zhuo

[生]順治18(1661)
[没]康煕61(1722)
中国,清の学者,文学者。江蘇省長州県の人。字,き瞻 (きせん) ,茶山。義門先生と呼ばれた。康煕 41 (1702) 年,李光地の推薦で任官し,翰林庶吉士などをつとめた。のち中傷されて下獄し,やがて釈放されたが,官吏の身分を失い,書局で経書,史書の校定に従事した。蔵書家として著名で,書誌学に詳しく,また詩文の作や評論にもすぐれている。著作『義門先生集』『義門読書記』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

何しゃくの関連キーワード隠元順治帝徳川綱重徳川頼房康熙帝煮売屋順治帝寛文ルイ14世様式嵐三右衛門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android