何も・孰も(読み)いずれも

精選版 日本国語大辞典の解説

いずれ‐も いづれ‥【何も・孰も】

〘代名〙
① 他称。複数の人を指す。中世から近世にかけて用いられた。
※虎明本狂言・雁盗人(室町末‐近世初)「はやおのおのへ人をやったれは、いつれもござらうと仰らるるが」
② 対称。複数の人を指す。中世から近世にかけて用いられた。→いずれもさま②。
※虎寛本狂言・右近左近(室町末‐近世初)「ハア、何れも近来(ちかごろ)御太儀に存じまする」
③ 複数の事物を指す。どれも。
※虎明本狂言・夷大黒(室町末‐近世初)「汝がのぞむ、金銀珠玉、いつれもいつれも、ほしい物を心のままに、つりとるつりばりを」
④ 結局。とにかく。いずれにしても(日葡辞書(1603‐04))。
[補注]ある範囲からの選択を示す「いづれ」に係助詞「も」のついたものが一語化したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android