コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余る・剰る あまる

大辞林 第三版の解説

あまる【余る・剰る】

( 動五[四] )
必要な数量を引いたあとにまだ残りがある。 「会費が-・る」
数量がある基準を上回る。 「千人に-・る希望者」 「背丈に-・る深さ」
余分にありすぎたために、かえって悪い結果になる。 「勢い-・ってひっくり返る」 「かわいさ-・って憎さ百倍」
限度・程度を超えている。 「手に-・る難題」 「目に-・る振る舞い」 「身に-・る光栄」 「田舎人の歌にては-・れりや足らずや/伊勢 87
割り算で、割り切れずに余りがでる。 「一〇を三で割ると一-・る」 〔 (1) 「余す」に対する自動詞。 (2) 動詞「あまる」は必要量を消費したが残余が出た場合、すなわち、余分が生じたときに用いる。それに対して「のこる」は物に残余が出た場合にも、人が意図的に残留する場合にも用いる〕
[慣用] 言葉に- ・思案に- ・十指に- ・力に- ・手に- ・人目に- ・身に- ・目に-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone