余・予(読み)よ

大辞林 第三版の解説

よ【余・予】

( 代 )
一人称。われ。わたくし。やや尊大な、または、改まった言い方として男子が用いる。 「 -の説くところをよく理解せよ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よ【余・予】

〘代名〙 自称。われ。おのれ。自分。平安時代から男子が用い、明治以降も改まった、あるいはやや尊大な表現として用いられた。
※九暦‐九暦抄・天暦元年(947)正月二日「予拝礼間、主人答拝、王卿皆立退、数盃後、主人卿・中務卿・予同車参朱雀院」
※京に着ける夕(1907)〈夏目漱石〉「余(ヨ)はいまだに、ぜんざいを食った事がない」 〔書経‐太甲〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android