余裕パス

産学連携キーワード辞典の解説

余裕パス

「余裕パス」とはクリティカルタスクにある程度の遅れがでても、プロジェクト全体のスケジュールに影響しない作業の連なりのことを指す。クリティカルパスに比べて、プロジェクトスケジュールに対する影響度が少ないため、クリティカルパス上の作業が遅れている場合、「余裕パス」の作業に費やす予定の資産をクリティカルパスに費やすことによって、遅れを防ぐことができる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android