コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作手[村] つくで

1件 の用語解説(作手[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つくで【作手[村]】

愛知県東部,南設楽(みなみしたら)郡の村。人口3313(1995)。美濃三河高原に位置する山村で,南東部は豊川支流の巴川,北西部は矢作(やはぎ)川支流の巴川の上流域を占める。林業のほか,高冷地野菜,花卉,茶,タバコなどが栽培され,黒瀬地区を中心に酪農も盛んである。1960年代後半から紡績,自動車部品などの工場が進出しているが,人口は1955年以降減少傾向にある。中央部に長ノ山湿原があり,日本最小のハッチョウトンボが生息し,愛知高原国定公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作手[村]の関連キーワード南大東島なみなみ三河南支那海つぐ高原グリーンパークミナミダラ設楽ダム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone