コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作用スペクトル さようスペクトル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作用スペクトル
さようすぺくとる

光合成などの光化学反応において、一定の光エネルギーをもった単色光を与えて反応速度と波長との関係を表すスペクトル光合成では、このスペクトルから、クロロフィル以外の色素の関与がわかる。[吉田精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

作用スペクトルの関連キーワード光合成(こうごうせい)抗菌スペクトルジアゼパム吉田精一

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android