佩・珮(読み)はい

大辞林 第三版の解説

古代の装身具の一。腰帯とそれにつりさげた玉ぎよく・金属器などの総称。中国の殷いん・周代に盛行し、古墳時代の日本に伝播した。
接尾
助数詞。刀剣の類を数えるのに用いる。ふり。 佩玉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android