佩・珮(読み)はい

大辞林 第三版の解説

はい【佩・珮】

( 名 )
古代の装身具の一。腰帯とそれにつりさげた玉ぎよく・金属器などの総称。中国の殷いん・周代に盛行し、古墳時代の日本に伝播した。
( 接尾 )
助数詞。刀剣の類を数えるのに用いる。ふり。 《佩》 → 佩玉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android