コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佩楯・脛楯・膝甲 はいだて

大辞林 第三版の解説

はいだて【佩楯・脛楯・膝甲】

〔「はきだて」の転〕
よろいの付属具。小札こざねや鉄・革の小片、鎖などを綴じ付けた布地で、腰から左右の大腿部に下げ、草摺くさずりの下端からひざ頭までを護るもの。ひざよろい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佩楯・脛楯・膝甲の関連キーワード大腿部布地下端小片小札