コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佳木斯 チャムスJiā mù sī

世界大百科事典 第2版の解説

チャムス【佳木斯 Jiā mù sī】

中国東北部,黒竜江省東部の工業都市。松花江下流部の南岸にある省直轄市。人口228万(うち市部78万。1994)。牡佳(牡丹江チャムス),哈佳(ハルビン~チャムス)両鉄道の交点で,鶴崗市,双鴨山市および富錦市経由前進鎮に至る支線を分岐。原名は東興鎮。明末は無人の荒野であったが,清初には赫哲(ホチェ)族が樺皮製の船とテントを携え漁猟に従事。のち満,漢両族による開墾が進み,それに伴い当地は商業が発展,1909年(宣統1)商家50余戸に達し,チャムスと呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佳木斯の関連キーワードショワンヤーシャン(双鴨山)特別市ヘイロンチヤン(黒竜江)省チーシー(鶏西)特別市ホーカン(鶴崗)特別市ソンホワ(松花)江イーラン(依蘭)鎮長谷川 テル長谷川テル東宮 鉄男寺師 義信特務機関

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android