コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い切りロケット つかいきりろけっとexpendable rocket

知恵蔵の解説

使い切りロケット

再使用のきかないロケット。従来の使い捨てロケットという語にかえて、「使い切り」という語が使われ始めた。宇宙往還機の時代になっても、使い切りロケットの重要性は変わらない。様々な規模の使い切りロケットを用意して、ミッションの規模に応じて弾力的に使い分けるのが、各国の趨勢となっている。米国ではデルタ、アトラス、タイタン、ペガサストーラス、アテナなど、欧州ではアリアンIV、アリアンV、中国は長征シリーズ、インドはPSLV、GSLV、ロシアはプロトンソユーズ、コスモス、ツィクロン、ゼニット、モルニア、ドニエプル、イスラエルのシャビットなどがある。日本は、JAXAのH‐IIAロケットとM‐Vロケットがあるが、2010年頃を目標にGXという使い切りロケットの開発が民間で始まった。すでにペガサスなどで運用されている航空機からの使い切りロケットの発射が、注目されつつある。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

使い切りロケットの関連キーワード宇宙政策(米国の)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android