コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使用済み核燃料中間貯蔵施設

1件 の用語解説(使用済み核燃料中間貯蔵施設の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

使用済み核燃料中間貯蔵施設

原発の外で使用済み核燃料を保管する施設。原発内の貯蔵量が限界に近づき、原発の運転継続には、中間貯蔵の整備が不可欠とされる。青森県むつ市の「リサイクル燃料備蓄センター」は、東電80%、日本原電20%の出資による全国初の施設。使用済み燃料計5千トンを最長50年間貯蔵する予定だ。2010年8月に建屋の工事を始め、建設費は約1千億円。今年10月の操業を目指してきたが、国は12月施行の新規制基準への適合が必要だとしている。

(2013-07-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使用済み核燃料中間貯蔵施設の関連キーワード使用済核燃料核燃料税原子力施設使用済核燃料税核燃料と核兵器寧辺の核施設使用済み核燃料の再処理核燃料サイクル関連施設核燃料サイクル政策使用済み核燃料返還の覚書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

使用済み核燃料中間貯蔵施設の関連情報