侍り給ぶ・侍り賜ぶ(読み)はべりたぶ

大辞林 第三版の解説

はべりたぶ【侍り給ぶ・侍り賜ぶ】

( 連語 )
〔動詞「はべり」に補助動詞「たぶ」の付いたもの〕
補助動詞的に用いられる。他の動詞の連用形に付いて、その動作の主体を尊敬する意を表すとともに、丁寧に表現するのに用いられる。…なさっていらっしゃいます。 「かのきみ…孔雀・鸚鵡鳴かぬばかりにてなむ住み-・ぶ/宇津保 吹上・上

はべりとうぶ【侍り給ぶ・侍り賜ぶ】

( 連語 )
〔動詞「はべり」に補助動詞「とうぶ」の付いたもの〕
補助動詞的に用いる。他の動詞の連用形に付いて、その動作の主体を尊敬する意を表すとともに、丁寧に表現するのに用いられる。…なさっていらっしゃいます。 「おほし、かいもとのあるじ、甚だ非常ひぞうに-・ぶ/源氏 乙女」 「やむごとなき家の男が前にてだにかく申し-・べば/宇津保 嵯峨院」 「あえものになむ、なげき-・びし/源氏 常夏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android