供花・供華(読み)きょうか

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐げ【供花・供華】

〘名〙
死者前に、をそなえて供養すること。または、そなえる花。くうげ。きょうか。
※浄業和讚(995‐1335)中「管絃・歌舞の菩薩は雲にそでをひるがへし、持幡供花(クゲ)の荘厳は風にまかせてみだれたり」
※源平盛衰記(14C前)一六「供花(クゲ)の薫りも絶えにけり」
② 「くげえ(供花会)」の略。
※百練抄‐承元二年(1208)五月一六日「今日、長講堂供花也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android