コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊藤 浩滋 シュンドウ コウジ

20世紀日本人名事典の解説

俊藤 浩滋
シュンドウ コウジ

昭和・平成期の映画プロデューサー



生年
大正5(1916)年11月27日

没年
平成13(2001)年10月12日

出生地
兵庫県神戸市

本名
俊藤 博(シュンドウ ヒロシ)

学歴〔年〕
第二神港商卒

主な受賞名〔年〕
牧野省三賞(第14回)〔昭和47年〕,藤本賞(特別賞 第18回)〔平成11年〕,日本アカデミー賞(会長特別賞 第25回)〔平成14年〕

経歴
高校在学中に杉立商事に入社。マキノ雅弘監督と知り合い映画の現場を知る。鶴田浩二の移籍を機に、東映のプロデューサーとなる。昭和37年「アイ・ジョージ物語 太陽の子」を初プロデュース。以後「博徒」「昭和残俠伝」「日本俠客伝」「緋牡丹博徒」「兄弟仁義」「仁義なき戦い」「日本の首領(ドン)」など人気シリーズを手掛け、任俠映画の生みの親といわれ、高倉健、若山富三郎、菅原文太らスターを育てた。他の作品に「残俠」がある。二女は女優の富司純子

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

俊藤 浩滋 (しゅんどう こうじ)

生年月日:1916年11月27日
昭和時代;平成時代の映画プロデューサー
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

俊藤 浩滋の関連キーワード生年月日任侠映画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俊藤 浩滋の関連情報