コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保存登記(所有権保存登記)

1件 の用語解説(保存登記(所有権保存登記)の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

保存登記(所有権保存登記)

物を新築した場合など、不動産について初めてその所有者が誰であるか記すための登記のこと。これがあって初めて、第三者に対して所有権を主張することが出来る。保存登記をしていないと第三者に主張することはできない。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保存登記(所有権保存登記)の関連キーワード不動産不動産取得税不動産侵奪罪不動産登記剰余不動産保険文責投資保険買取り保証

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone