コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保川春貞(2代) やすかわ はるさだ

1件 の用語解説(保川春貞(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保川春貞(2代) やすかわ-はるさだ

1830-1887 江戸後期-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)元年生まれ。京都の人。初代春貞の門人で,画名を信貞といったが,嘉永(かえい)2年師の没後2代を襲名。のち歌川国芳の門にまなび,一時歌川を称した。高橋由一(ゆいち)に洋画もまなび,維新後は岡本春暉と名のり,肖像画を得意とした。明治20年11月18日死去。58歳。通称は正太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

保川春貞(2代)の関連キーワード民衆を導く自由の女神東京芸術大学120周年雑誌シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone