コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保徳(やすとく)戦争

1件 の用語解説(保徳(やすとく)戦争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

保徳(やすとく)戦争

衆院選の中選挙区で全国唯一の1人区だった旧奄美群島区で、衆院議員の保岡興治氏(74)と徳洲会創設者の徳田虎雄氏(76)が展開した激しい選挙戦。1983年、86年、90年の3回は直接対決し、見張り小屋を設けての監視などが横行。親族や集落を二分する戦いとなり、両陣営から逮捕者も続出した。96年衆院選から小選挙区制が導入され、保岡氏が鹿児島1区に移って収束したが、その後も群島の市町村長選などで両派の「代理戦争」が続いた。

(2014-04-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保徳(やすとく)戦争の関連キーワード衆院選大選挙区中選挙区一人区政党要件県内の小選挙区昨年12月の衆院選の一票の格差日本維新の会の擁立状況参院選の投票率参院選岐阜選挙区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保徳(やすとく)戦争の関連情報