保育ママとグループ型小規模保育事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

保育ママとグループ型小規模保育事業

保育ママ(家庭的保育者)は、保育士や幼稚園教輸看護師などの資格者や、一定の研修を受けて市町村の認定を受けた人が主に3歳未満の子どもを自宅で預かる。2000年から国が一部補助を始め、10年からは国の制度として法的に位置づけられた。県内では千葉市のほか、船橋、市川、市原流山浦安白井の各市で実施している。だが、一人で預かることで休みが取りづらいことや、自宅を改修する手間がかかるなどの理由で、担い手の育成は伸び悩んでいる。千葉市の場合、登録者数は10人にとどまる。複数のママが自宅以外の施設で保育するグループ型小規模保育事業は、この欠点を補える試みとして取り組む自治体が増えている。

(2012-08-27 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android