コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護生物学(読み)ほごせいぶつがく(英語表記)conservation biology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保護生物学
ほごせいぶつがく
conservation biology

地球上の生物の多様性を保ち続けるための科学的な原理を探り,その原理に基づいて,多様性を維持する技術の開発を目指す生物学の新しい分野。地球生態系の崩壊を何とかして防がなければという危機意識から出発した。あらゆる生物に共通する部分から解明していこうという立場の生命科学に対して,生物全体を系として大事にしようとし,個体を対象に生き物を守っていこうとするところに特色がある。 1985年に「保護生物学会」が設立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android