コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保阪嘉内

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

保阪嘉内

駒井村(現韮崎市)出身。1915年に甲府中学校(現甲府第一高校)を卒業後、16年に盛岡高等農林学校(現岩手大農学部)に進んだ。学生寮で同部屋の宮沢賢治と親しくなり、学内で同人誌「アザリア」を創刊。寄稿文「社会と自分」が当局から危険視され、除名放校処分を受けた。次男の庸夫さんが現在、直筆の書簡やスケッチなど遺品を多数保存。このうち賢治から寄せられた書簡は73通にのぼり、研究者の関心も高い。

(2010-05-22 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

保阪嘉内の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球[各個指定]芸能部門グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風日本の医学史(年表)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保阪嘉内の関連情報