信仰・信向(読み)しんこう

  • しんこう ‥カウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「しんごう」)
① (信仰) 神や仏などを信じとうとぶこと。誠心を捧げて信ずること。仰信ともいう。
※今昔(1120頃か)三「仏の御音の不思議なる事を彌(いよいよ)信仰して頂礼し奉けりとなむ」
※太平記(14C後)二四「悉信仰(しんガウ)の首を地に著て、随喜の泪を袖に全す」
② 一般的に、信頼して疑わないこと。
※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「微和尚の観機あきらかなること信仰すべし」 〔後漢書‐寇恂伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android