コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信昭(2) しんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信昭(2) しんしょう

?-? 鎌倉-南北朝時代の連歌師。
善阿(ぜんあ)の門人。救済(ぐさい)や順覚(じゅんかく)らとともに地下(じげ)の連歌師として活動。正和(しょうわ)元年(1312)の法輪寺千句の会に出席。花下(はなのもと)連歌の管領(かんれい)をつとめた。「菟玖波(つくば)集」に20句がのっている。法名は信照ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

信昭(2)の関連キーワード南北朝時代善阿

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android