信楽高原鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

信楽高原鉄道

1933年、国鉄信楽線として開業。87年、国鉄民営化に伴い第三セクターに。91年5月14日、同社JR西日本の列車同士が衝突し、42人が死亡、628人が重軽傷を負った。同社は元運転主任ら3人が有罪判決を受け、被害者補償で巨額の負債を抱えた。13年3月、滋賀県と甲賀市が同社への貸付金約15億円を債権放棄する特定調停が成立し、債務を解消。4月、「上下分離方式」を導入した。

(2013-11-06 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信楽高原鉄道の関連情報