コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信越・北陸線

1件 の用語解説(信越・北陸線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

信越・北陸線

北陸新幹線並行在来線に当たるのは、信越線の長野―直江津の75・0キロと、北陸線の直江津―金沢の177・2キロの計252・2キロ。長野―上越(98年)、上越―富山(01年)、富山―金沢(05年)と、それぞれ沿線自治体の経営分離への同意を国が確認して着工を認可した。信越線はJR東日本、北陸線はJR西日本が現在それぞれ経営しているが、14年の新幹線開業後、どんな第三セクターが引き継ぐのかは未定。

(2008-04-24 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信越・北陸線の関連キーワード新幹線フレックスミニ新幹線北陸新幹線長野新幹線在来線九州新幹線西九州(長崎)ルート建設問題並行在来線東北線・青い森鉄道並行在来線と枝線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信越・北陸線の関連情報