コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修善寺[町] しゅぜんじ

2件 の用語解説(修善寺[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

修善寺[町]【しゅぜんじ】

静岡県田方(たがた)郡,伊豆半島北部の旧町。狩野(かの)川の支流桂川沿い,修善寺温泉を中心に発達,伊豆箱根鉄道が通じ,バス交通も便利で,別荘地としても発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅぜんじ【修善寺[町]】

静岡県東部,田方郡の町。人口1万7223(1995)。伊豆半島北部に位置し,伊豆箱根鉄道が通じる。町の中央を狩野川が北流し,大見川,桂川が中心部で狩野川に合流する。桂川の渓谷沿いにある修善寺温泉(弱食塩泉,単純泉。30~82℃)を中心に発展した温泉町で,伊豆山の走湯(はしりゆ),伊豆長岡の古奈(こな)温泉とともに伊豆三湯と呼ばれた。弘法大師の発見と伝えられる独鈷(とつこ)の湯,曹洞宗の古刹(こさつ)修禅寺源範頼・頼家の史跡などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

修善寺[町]の関連キーワード富士三島熱海伊豆の国沼津富士宮豊前三沢行橋永助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone