コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱に天を戴かず ともにてんをいただかず

大辞林 第三版の解説

ともにてんをいただかず【俱に天を戴かず】

〔礼記 曲礼上
相手を殺すか自分が殺されるか、いずれにせよともにこの世には生きていない。あだを報いる決意を述べる語。不俱戴天ふぐたいてん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俱に天を戴かずの関連キーワード共に・倶に・俱に君父礼記