コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧・誹諧 はいかい

大辞林 第三版の解説

はいかい【俳諧・誹諧】

〔たわむれ、おどけ、諧謔かいぎやくの意〕
〔「俳諧の連歌」の略〕 日本独自の短詩形文芸形式の一。「座(共同体)」の意識のもとに成立し、「滑稽」を本質とする文芸。発句ほつく・連句・前句付・俳文などより成る。室町末期の山崎宗鑑・荒木田守武らによる滑稽・卑俗な作風を受け、江戸時代に松永貞徳が出て独自なジャンルとして確立。談林俳諧を経て松尾芭蕉の蕉風に至って文学的に高められた。 → 俳句
「俳諧歌はいかいか」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

俳諧・誹諧の関連キーワード荒木田守武松尾芭蕉談林俳諧松永貞徳山崎宗鑑前句付連歌俳諧諧謔蕉風俳文連句発句

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android