コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵坂峠 たわらざかとうげ

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県(長崎県)〕俵坂峠(たわらざかとうげ)


佐賀・長崎県境、多良(たら)岳火山北西麓(ほくせいろく)にある峠。国道34号の最高地点は長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)郡東彼杵町側にあり、その最高所からやや下った地点に標高188mの注記がある。北西約1.5kmを長崎自動車道がトンネルで抜ける。北東約4kmに嬉野(うれしの)温泉がある。江戸時代には鍋島(なべしま)藩の関所がおかれ、キリシタン検問を行った。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

俵坂峠の関連キーワード長崎自動車道江戸時代嬉野鍋島注記

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android