コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俺・己・乃公 おれ

大辞林 第三版の解説

おれ【俺・己・乃公】

( 代 )
一人称。男が仲間や目下の者とざっくばらんに話す時に用いられる。「ぼく」などよりぞんざいな語。 「 -が何とかしよう」 「 -とお前の仲じゃないか」 〔「俺」 「己」 「乃公」などと書く〕
二人称。下位の者に対して、また相手をののしる時に用いる。おまえ。 「 -を取殺れと詔りたまひて/古事記 」 〔「爾」 「 儞 」などと書かれる〕 〔上代から中古へかけてはもっぱら二人称として用いられた。中世以降、一人称として用いられるようになり、特に近世以降は一人称の語として一般化した。これは貴賤男女の別なく用いられたが、近世末期以降は、女性には一般に用いられなくなった〕 → うれ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俺・己・乃公の関連キーワード二人称

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android