倉持 米一(読み)クラモチ ヨネイチ

20世紀日本人名事典の解説

倉持 米一
クラモチ ヨネイチ

昭和期の労働運動家 元・全国一般労組中央執行委員長。



生年
大正9(1920)年3月10日

没年
昭和59(1984)年2月8日

出生地
栃木県

学歴〔年〕
日暮里青年学校〔昭和13年〕卒

経歴
応召復員後の昭和21年労働運動に入り、総同盟本部機関紙部員をふりだしに、24年東京木材産業労組書記長。25年総同盟分裂により総評に移行。40年全国一般労組書記長となり、のち委員長に就任、57年辞任。中小企業労組の専門家で、戦前の運動方式と総評系地域労働運動の特質を効果的にミックスさせ、総評型中小労働運動の型を編み出した。三一書房版の組合双書三部作は中小対策オルグの必読書となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android