コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉渕[村] くらぶち

世界大百科事典 第2版の解説

くらぶち【倉渕[村]】

群馬県西部,群馬郡の村。人口5176(1995)。1996年倉淵村から改称。榛名山西斜面と烏川最上流域を占める。中心集落の三ノ倉は江戸時代,信州街道宿場町であった。村域の大部分は山林で,杉,ヒノキなどの用材ナメコシイタケ生産が盛ん。ミョウガが特産で,全国有数の生産高を誇り,コンニャクも産する。過疎地域に指定されている。東善寺に末期の徳川幕府を支えた小栗忠順(ただまさ)の墓と小栗公遺品館がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倉渕[村]の関連キーワード大任町岩手県の要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android