コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉渕[村] くらぶち

1件 の用語解説(倉渕[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くらぶち【倉渕[村]】

群馬県西部,群馬郡の村。人口5176(1995)。1996年倉淵村から改称。榛名山西斜面と烏川最上流域を占める。中心集落の三ノ倉は江戸時代信州街道の宿場町であった。村域の大部分は山林で,杉,ヒノキなどの用材やナメコシイタケの生産が盛ん。ミョウガが特産で,全国有数の生産高を誇り,コンニャクも産する。過疎地域に指定されている。東善寺に末期の徳川幕府を支えた小栗忠順(ただまさ)の墓と小栗公遺品館がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倉渕[村]の関連キーワード岩鼻鹿沢温泉群馬県群馬群馬銀行三国山草津厩橋よしおか温泉角田てる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone