コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉石[村] くらいし

世界大百科事典 第2版の解説

くらいし【倉石[村]】

青森県南部,三戸(さんのへ)郡の村。人口3452(1995)。奥羽山脈東麓にあたる丘陵が村域の大部分を占める。中央を北西に流れる五戸川沿いに水田,集落が分布する。戦国時代は三戸南部氏の配下であった又重氏の支配下にあり,近世には南部藩の九牧の一つ,又重の牧があり馬産地として知られた。1955年以降人口減少が続き,過疎地域に指定されている。稲作のほか,リンゴ,野菜の栽培,畜産が行われ,近年はナガイモやニンニクの生産が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android