倉石[村](読み)くらいし

世界大百科事典 第2版の解説

くらいし【倉石[村]】

青森県南部,三戸(さんのへ)郡の村。人口3452(1995)。奥羽山脈東麓にあたる丘陵が村域の大部分を占める。中央を北西に流れる五戸川沿いに水田,集落が分布する。戦国時代は三戸南部氏の配下であった又重氏の支配下にあり,近世には南部藩の九牧の一つ,又重の牧があり馬産地として知られた。1955年以降人口減少が続き,過疎地域に指定されている。稲作のほか,リンゴ,野菜の栽培,畜産が行われ,近年はナガイモやニンニクの生産が盛ん。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android