コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個室型店舗の防火態勢

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

個室型店舗の防火態勢

個室ビデオ店など不特定多数の客が利用するすべての個室型店舗には、消防法により、自動火災報知帰消火器や誘導灯などの設置が義務づけられている。一方、一定規模以上の旅館やホテルに義務づけられているスプリンクラーの設置は、11階建て以上の建築物に入居しているか、店舗の延べ床面積が6千平方メートルを超えるなどの場合以外は通常求められない。通路幅に関しては、劇場や飲食店などは大阪市の条例で基準が定められているが、個室型店舗は対象外とされている。

(2008-10-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

個室型店舗の防火態勢の関連キーワード個室ビデオ店

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android