コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倒れる・斃れる・殪れる たおれる

大辞林 第三版の解説

たおれる【倒れる・斃れる・殪れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 たふ・る
立っている状態が保てなくなって横になる。また、転ぶ。 「押されて-・れる」 「柱が-・れる」
病気になって臥す。わずらって床につく。 「過労で-・れる」
(「斃れる」「殪れる」とも書く)事故などで(急に)死ぬ。殺される。 「凶弾きようだんに-・れる」
国家・政府などが、存続できなくなる。くつがえる。 「独裁政権が-・れる」
商店・会社などが、破産する。倒産する。 「不況で多くの会社が-・れた」
気持ちがくじける。屈する。 「 - ・るる方に許し給ひもしつべかめれど/源氏 」 〔「倒す」に対する自動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android