コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倒産と弁護士

1件 の用語解説(倒産と弁護士の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

倒産と弁護士

倒産は裁判所の監督の有無により、法的整理と私的整理に分けられる=表。法的整理には借金を減らして会社を立て直す「再建型」と、資産を債権者で分配して会社をたたむ「清算型」がある。弁護士は倒産を申し立てるときに代理人になる。破産や会社更生では、管財人として資産の分配、再建のための計画づくりなどを進める。倒産処理を主に手がける弁護士が全国で何人いるかは不明だが、東京の3弁護士会の倒産法の研究会には、約900人が所属している。

(2009-07-06 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倒産と弁護士の関連キーワード下級裁判所裁判所裁判所構成法一審抗告裁判所控訴裁判所上告裁判所法的整理事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)法的整理と私的整理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone