コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借方/貸方 かりかた/かしかた

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

借方/貸方

複式簿記では、一つひとつの取引を資産・負債純資産(資本)・費用・収益という5項目に着目して仕訳する方式をとっている。この仕訳伝票で、資産の増加および費用の発生を計上する左側を借方といい、負債・純資産の増加および収益の発生を計上する右側を貸方という。 単純な取引については、増えた方(生じた方)が借方、出ていく方が貸方と覚えておけばおおむね当てはまる。 例えば、現金1000円で消耗品を購入した場合は、借方に消耗品費1000円、貸方に現金1000円、という仕訳になる。 また、20万円を銀行から引き落として手持ちの現金に振り替えた場合は、借方に現金20万円、貸方に預金20万円という仕訳になる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android