コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倣書 ほうしょ

大辞林 第三版の解説

ほうしょ【倣書】

ある書作品や、ある作家の書風によって、新たに詩文を書くこと。また、その作品。書を学ぶ上で、臨書から創作への段階として重視される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

倣書の関連キーワードシャンソン(フランス中世多声歌曲)ジョスカン・デ・プレアルカデルトゼンフル一休咄臨書鍾惺創作書風詩文

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android