コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭名類聚鈔 わみょうるいじゅしょう

大辞林 第三版の解説

わみょうるいじゅしょう【倭名類聚鈔】

〔「わみょうるいじゅうしょう」とも〕
辞書。源順著。醍醐天皇皇女勤子内親王の命で撰進。承平年間(931~938)の成立。一〇巻本と二〇巻本がある。一〇巻本は約二五〇〇の漢語を天地・人倫など二四部一二八門に意義分類し、主に漢籍から引用して語釈を示し、あわせて音注と万葉仮名和訓を付する。二〇巻本は、さらに薬名・官職名、日本の国郡郷駅などの地名を加え、全体を三二部二四九門に分類する。和名抄。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

倭名類聚鈔の関連キーワード箋注倭名類聚鈔和名抄・倭名鈔和字正濫鈔国語辞典黒川真頼和名抄源順薬名人倫漢籍語釈

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android