コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭漢氏・東漢氏 やまとのあやうじ

大辞林 第三版の解説

やまとのあやうじ【倭漢氏・東漢氏】

大和政権を文筆業務・工芸技術によって支えた中国系の有力渡来氏族。その祖、阿知使主あちのおみは応神朝に渡来したとされる。奈良県飛鳥地方檜隈ひのくまの地に居住、五世紀末以降多くの百済系技術者をその配下に入れた。六世紀には書(文)・坂上・民・長など多くの枝氏に分かれ、倭漢の称は用いられなくなった。東漢直やまとのあやのあたい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

倭漢氏・東漢氏の関連キーワード倭漢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android