コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶・俱・具・愚

大辞林 第三版の解説

ぐ【倶・俱・具・愚】

【 具 】 [音] グ
そなわっている。身につけている。 「 具眼 ・具象 ・具足 ・具体 ・具備 ・具有 」
詳細である。詳しい。 「 具現 ・具申 ・具陳 」
ある用途に供せられる物。 「 家具 ・器具 ・寝具 ・道具 ・馬具 ・武具 ・文具 ・用具 ・運動具 ・装身具 」
【 俱 [音] グ
ともに。ともにする。 「 俱発 」
梵語や外国語の音訳字。 「 俱楽部クラブ ・ 俱梨伽羅くりから
【 愚 】 [音] グ
おろかだ。ばかげている。 「 愚策 ・愚人 ・愚痴 ・愚鈍 ・愚物 ・愚昧ぐまい ・愚民 ・愚問 ・愚劣 ・暗愚 ・賢愚 」
ばかにする。 「 愚弄ぐろう
融通がきかない。ばか正直である。 「 愚直 」
自分または自分に関係のある人や事物をさす語につけて謙譲の気持ちを表す。 「 愚案 ・愚考 ・愚妻 ・愚息 ・愚弟 」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android