コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶会一処・俱会一処 くえいっしょ

大辞林 第三版の解説

くえいっしょ【倶会一処・俱会一処】

〘仏〙 〔「くえいちしょ」とも〕 ともに一か所に会すること。阿弥陀経で、死後、浄土に往生すると、凡夫も聖者たちとひと所に暮らせること。また、この世で死ぬのは別々でも、浄土で再び会する意にも解される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

倶会一処・俱会一処の関連キーワード阿弥陀経死後凡夫浄土

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android