健仁寺梧庵

美術人名辞典の解説

健仁寺梧庵

紹材。建仁寺住。勤王僧。医師立花慶芳の二男。勤王の志深く大原重徳の門に出入して大いに周旋する所あり。久阪義助、木戸孝允、山県有明、真木和泉等と親交あり。諸国を遍歴して勤王を皷吹す。明治25年(1892)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android