健全化判断比率

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

健全化判断比率

自治体財政の健全化を示す「実質赤字比率」「連結実質赤字比率」「実質公債費比率」「将来負担比率」の4指標を指す。実質公債費比率は、自治体の年間の収入に対し、借金返済額が占める割合を示す数値。借金を返し始める(償還を開始する)時期で大きく変化するため、過去3年間の平均を比較する。将来負担比率は、今後、返済が必要な自治体の借金の総額が、収入の何倍に相当するかを示す数値。公社や第三セクターまで含むのが特徴。4指標とも数値が大きいほど財政状況は悪いとされる。

(2009-10-21 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android