コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健康スポーツ医認定制度 けんこうスポーツいにんていせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

健康スポーツ医認定制度
けんこうスポーツいにんていせいど

健康増進の一環としてスポーツを行う際に適切な指導のできるスポーツ医の育成を目指し,日本医師会が 1991年4月から始めた制度。スポーツ人口の増加に伴い,基礎的なスポーツ医学分野での専門医を求める声に対応して導入された。これにより,それまで日本体育会や日本整形外科学会で独自に行なっていた認定が統一の基準をもつことになった。健康スポーツ医学概論,運動と内科などの基本カリキュラムに専門カリキュラムを加えた形で,全国を4ブロックに分けて講習を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

健康スポーツ医認定制度の関連キーワード健康増進

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android