コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偶さか・適さか たまさか

大辞林 第三版の解説

たまさか【偶さか・適さか】

〔「たま」は「たまたま」「たまに」の「たま」と同源〕
( 副 )
(「に」を伴うこともある)
思いがけないことが起こるさま。偶然。たまたま。 「 -(に)昔の友人に会った」
そのような機会がまれにしかないさま。たまに。 「 -(に)故郷を訪れることもある」
( 形動ナリ )
めったにないさま。まれなさま。 「はかなき一くだりの御返りの-なりしも、絶えはてにけり/源氏 若紫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android