コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽旧1万円札事件

1件 の用語解説(偽旧1万円札事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

偽旧1万円札事件

04年暮れから05年初頭にかけて、20を超す都道府県や、韓国・ソウルカジノで旧1万円札の偽札が大量に使われた。北海道神宮や岩手県・中尊寺、東京・明治神宮浅草寺神奈川県のコンビニなどが現場となった。偽札の多くは記番号が一致した。市販のカラープリンターでは再現出来ないとされる技術が含まれた新札が04年11月に発行されたが、旧札が消える端境期に、駆け込み的に使われた。

(2006-05-02 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偽旧1万円札事件の関連キーワードポグロム掛けて暮れ暮れ町人捌き年暮ベルエポック仄暮れ押掛け暮れ掛るタラハシー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone